<<ピロリ菌とは一体どんな菌なの?>>

ピロリ菌とは一体どんな菌なの?

ピロリ菌とはどんな菌? 現在日本人の2人に1人はガンになると言われるほど日本は世界でもトップクラスのガン大国です。その中でも胃ガンは戦後から患者・死亡数ともに他のガンに比べて多い存在でした。
そんな胃ガンはピロリ菌感染者がなりやすく、ほかにも胃潰瘍や十二指腸潰瘍といった病気の多くがピロリ菌が原因であることから日本人の健康に大きく関わってくる菌ともいえます。
そんなピロリ菌はヘリコバクター・ピロリとも呼ばれており、胃の粘膜に生息しています。通常胃の中は強い酸性であることから菌は生息できないといわれていましたが、ウレアーゼという酵素を出すことで胃の中の尿素をアンモニアにすることで自分の周りを酸を中和して生息し続けています。
そのため一度感染してしまうと除菌をしないかぎり胃の中にずっと生息し続けてしまいます。
その感染経路ですが、多くは衛生状況の悪さや上下水道が整備されていない井戸水を飲んでいたことから感染したとされています。
日本では戦後まもなく上下水道が整備されていない環境だったため現在の中高年の人の多くはピロリ菌に感染してる確率が高く、一方戦後復興して衛生状況が整った環境で育った若い世代の人たちは感染率が低いといわれています。

ピロリ菌の抗体濃度を評価する検査

ピロリ菌の検査には胃の中を観察したり、組織を採取して行う内視鏡による検査方法と、血液や尿から菌に対する抗体の有無を調べたり、便の中や吐き出した呼気に菌が居るか調べたりする内視鏡を用いない検査方法があります。
この中で最も簡単に受けられるのが採血による抗体検査です。検査結果となる抗体濃度が3.0未満なら過去一度もピロリ菌に感染しておらず陰性、10.0未満なら過去に感染していたか、もしくは現在も感染しているが陰性、10.0以上は陽性となります。抗体濃度3.0~9.9の陰性の場合は評価が難しくなるので、便や呼気の抗原検査も組み合わせて受けるとよいでしょう。
ピロリ菌は胃潰瘍や胃がんの原因となる細菌で、日本人では50歳以上の70~80%以上が感染しているといわれています。感染者のほぼ全員がヘリコバクター・ピロリ感染胃炎になりますが、自覚症状が無い場合が多く注意が必要です。
胃の検査といえば従来は内視鏡が主で体や心への負担が大きかったですが、現在ピロリ菌については採血や採尿でもスクリーニングできるようになりました。
これまで胃潰瘍や十二指腸潰瘍を経験した方、胃炎になりやすい方は診療中に検査している可能性が高いですが、自覚症状が無い方でも一度、検査を受けることをおすすめします。

サプリで健康!悩み解決!おすすめリンク

胃の病気の原因と言われているピロリ菌についての情報まとめサイト

ピロリ菌を除去するなら

最新版ノコギリヤシサプリメント比較表

ノコギリヤシサプリ案内

生涯現役でいたい男性の為の精力増強案内サイト

精力増強 サプリ